会社概要

会社名 ニッケン産業株式会社
設立 1949年(昭和24年12月)
資本金 3,500万円
決算期 12月
代表者 代表取締役    宮 野   隆
従業員数 20名(2016年度)
主要取引銀行 名古屋銀行 守山支店
大垣共立銀行 守山支店
愛知銀行 守山支店
三菱東京UFJ銀行 東支店
本社所在地 〒463-0081
名古屋市守山区川宮町101番地→アクセスマップ
電話 052-791-1212(代表)
052-791-5225(総務直通)
FAX 052-793-2484
052-791-1758(総務)
社屋 敷地面積997平方メートル
(事務所363平方メートル 工場634平方メートル)

事業内容

1.ガラス建材 各種板ガラスの卸販売、加工、工事請負
2.建材関連 店舗、オフィス、住宅に関する各種建材の販売、工事請負
3.施設空間 商業施設、展示施設のデザイン・設計・施工・監理
4.施設関連 サイン、装飾金物、ショーケース、木工造作工事請負
5.環境関連 食品資源リサイクル機器の販売
・マジックバイオくん 他
電解水衛生環境システムの販売
・守る水
無料防犯カメラシステム

代理特約契約会社

  • 日本板硝子ビルディングプロダクツ株式会社
  • 昭和フロント株式会社
  • 三和シャッター工業株式会社
  • 株式会社 LIXIL
  • 三協立山 株式会社 タテヤマアドバンス社
  • 株式会社ナルコ岩井
  • 株式会社テックコーポレーション

加入団体

  • 東海板硝子 卸商業組合
  • (社)日本ディスプレイ業団体連合会
  • 愛知名古屋ディスプレイ協同組合
  • 名古屋商工会議所
  • 愛知中小企業家同友会

建設業登録 許可番号

愛知県知事許可〔般―23〕第2753号

  • ガラス工事業
  • 内装仕上工事業
  • 建具工事業

page top






 

沿革

昭和24年 12月 板硝子卸商として名古屋市東区堅代官町14番地に株式会社川合篤翁商店を設立、資本金100万円
26年 2月 川合篤翁社長死去に伴い宮野典雄が事業を継承する
36年 1月 商号を川合硝子株式会社に変更
37年 6月 事業拡大のため名古屋市東区堅代官町に本社ビルを建設
アルミサッシ・アルミショーケースの販売を開始
39年 12月 工事機能の確立のため建設業の登録を行う
ぬ、第4688号
40年 10月 工亊部を新設し硝子工事の請負をスタート
48年 2月 事業多角化のため商号をニッケン産業株式会社に変更
8月 店舗・ショールーム他商業施設全般に亘る店装市場への本格参入、企画・設計・施工のトータル機能の確立を目指す
50年 4月 資本金1,000万円に増資
61年 2月 名古屋市守山区川宮町101番地に本社を移転
61年 7月 サッシ建材・木材加工の設備に合わせ新たに板硝子の加工設備を導入
平成元年 1月 事業内容の多角化に伴い各部門の呼称名を変更
建材部(旧店装建材部)
装工部(旧企画設計部)
2年 1月 本社ビルを増築(164平方メートル増床)
2月 資本金2,000万円に増資
4年 12月 2部門の営業および業務の一本化と共に呼称変更
栄業部(旧営業)
創工部(旧業務)
7年 8月 資本金2,800万円に増資
8年 1月 某硝子加工所の吸収に伴い事業の柱として加工部門を確立
10年 12月 資本金3,500万円に増資
12年 2月 社長交代
宮野典雄、代表取締役会長に就任
宮野 隆、代表取締役社長に就任
15年 2月 板硝子の切削精度と切断効率の向上の為にCNC自動切断機を導入
7月 生産性と品質向上の為に角つぶし処理機能付きエッジングマシンとスラッジ遠心分離機を導入
16年 7月 板硝子変形加工における加工精度と短納期対応の為にNC変形加工機(BOB 7)を導入
19年 5月 べべリングマシン、NC縦型穴あけ加工機の導入
10月 板硝子縦型洗浄機の導入
20年 2月 代表取締役会長 宮野典雄 退任
21年 2月 (株)フィールドワークスと加盟契約
無料防犯カメラシステム事業 エフセキュリティの開始
9月 (株)テックコーポレーションと販売店契約
食品リサイクル機器、電解水衛生管理システムの販売開始

page top






 

アクセスマップ

35.210897424815904,136.96151052275388

ニッケン産業株式会社
名古屋市守山区川宮町101番地

35.2104416,136.96116719999998

page top